雑記

おばあちゃんの古いフィルムカメラ

YASHICA CMPUS

昨年2月にみっちさんのおばあちゃんが亡くなって間も無く1年が経ちます。
享年96歳。長生きしてくれたなぁ。ありがとうねおばあちゃん。

それから後、この1年は色々あったなぁ。

おばあちゃんの家から出てきた古いカメラ

YASHICA CAMPUS

最近おばあちゃんの家を片付けていて出てきたフィルムカメラ。
売却価値はもうほとんど無いものだけど、なんだかレトロ感と懐かしさが漂ういい雰囲気だし。レンズはちょっと曇ってるけどインテリアとしてもらってきちゃいました。

実はみっちさん、カメラマンを目指していたこともあったりして(才能はないです(笑))一眼レフカメラは結構使えるんですよ。こう見えても2021年には3ヶ月の短期間だけど一眼カメラ講座の講師もしてました(えっへん)

そんなみっちさんだからカメラみるとちょっとばかりテンションが上がってしって♪
譲り受けて外側を綺麗に掃除して今は飾ってあります。

シャッターはまだちゃんと動くからフィルムを入れれば何かしらは写すことはできそう。
いつかおばあちゃんのカメラで写真を撮ってみたい。

YASHICA CAMPUS

決して高級モデルじゃないけど、当時はそれなりの価格していたはず。
当時一体何を撮っていたんだろうなぁ。このカメラを主に使っていたのは多分、20年前に亡くなったおばあちゃんの息子、つまり僕のおじさん。
早くに息子をなくして大事に取っておいたんだろうと思う。

生花やお茶の先生をしていたおばあちゃん。
もしかしたら自分で使うときは生徒さんの写真も撮っていたかもしれない。
自分の作品も撮ってたのかな。

一つのカメラから色んな想像ができちゃう。
今となっては時代遅れのカメラ。
中古で買っても2,000円がいいところ。

でも、当分の間は我が家で飾って部屋の雰囲気に一役かってもらえそうです。

おばあちゃん。
しばらくの間このカメラ。みっちさんが活用させてもらうね。

YASHICA CMPUS2

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。